個人事業主には様々なメリットがあります。

●個人事業主には様々なメリットがあります。

1)年間最大65万円の税所得控除
2)経費の控除
3)赤字の損益通算、3年間の繰越です。

●最大65万円の税所得控除
 事業収益にかかる税金は、事業収益の全てに掛かるわけではありません。
 税額は、収入から控除額と経費を差し引いた金額に税率を掛けて計算します。

  税額 =(収入 - 控除額 - 経費)×税率

青色申告により、年間最大65万円の税所得控除を受けられます。
つまり65万円までの利益に関しては税金がかかりません。

●経費の控除
 事業にかかった費用を経費として計上できます。
 アプリケーションを作成する際に参考にした書籍の購入費用、
 インターネット接続費、電気代など。

 旅行でも、サイト作成に関係があれば旅費を「取材費」として計上できます。
 また、自宅の一部屋を事業用として使う場合は、家賃の一部も経費として計上できます。
 よって多くの費用を経費として計上できれば、税金を減らせます。

 雑所得として申告する場合でも、経費は差し引けます。
 しかし、その対象はかなり限定されるようです。
 生活でも利用しているものは、経費としては認められません。

●赤字の損益通算、3年間の繰越
  事業には、色々とお金がかかります。
  材料費や機器の購入で初期投資がかさみ赤字になることもあるでしょう。
  個人事業主として開業し、青色申告を申請しておけば赤字分は本業の稼ぎと通算できます。
 またそれでも赤字の場合は3年間の繰越が認められています。

●個人事業主のデメリット
 当然、デメリットがあります。
 
 通常だと、副収入が20万円以下の場合は、確定申告する義務はありません。
 しかし、個人事業主になってしまうと、毎年必ず確定申告をする必要があります。
 申告書類の作成など面倒な実務も発生します。

 青色申告の場合、収支を詳細に帳簿に記帳し、
 確定申告の際に損益計算書と借貸対照表を作成し提出する義務があります。

 この作業はかなり面倒です。
(但し現金主義で簡単に記帳する方法もあり、この場合税所得控除は10万円)
 個人事業主の開業は、収入がある程度の目処があってからの方が良いでしょう。
 でないと、面倒な作業だけが残ります。

 スキルマーケットでは初受注に向けた
 営業活動を強力にバックアップします。
 また、税理士・社会保険労務士の御紹介も致します。

●記帳の義務が発生したら、青色申告
  年300万円以上の副収入(売上げ)がある場合は、問答無用で事業所得としてみなされ、
  記帳の義務が自動的に発生します。
  個人事業主に登録するなら、このタイミングが良いと思います。
  記帳の義務が発生するのであれば、個人事業主になって青色申告すべきです。

| 2012年11月12日 | フリーランスのメリットとは? | - | - |
Copyright (C) フリーランスのメリットとは? | 【札幌】フリーランスエンジニア求人-案件情報【SKILL MARK】. All Rights Reserved.