フリーランスの開業方法は?

個人事業主となるには『個人事業の開廃業等届出手続』を
税務署に届け出る必要があります。

個人事業の開廃業等届出手続
所得税の青色申告承認申請手続
青色事業専従者(家族で事業を補助してくれる人へ給与を払い、全額経費に出来る)
を登録する場合は、青色事業専従者給与に関する届出手続が必要です。

従業員がいれば、給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出が必要です。
そうでない場合は前記の2通のみでOKです。

用紙はネットから最新版を入手できます。
本ページのリンクからダウンロードしましょう。
記入は難しくありません。
順番に記入していけば完成します。

●事前に決めておくこと
 「屋号」、「事業の概要」、「記帳の方法」を、事前に決めておきましょう。

  1)屋号
   屋号とはいわば「店の名前」です。個人事業から会社組織にする際に、
   会社名としてそのまま引き継ぐことができます。
   分かりやすく、愛着をもてるものにしましょう。
   電話で「○○○オフィスです」と名乗ったり名刺に記載したりします。

  2)事業の概要
  あなたの事業の内容を簡単に記入します。
  例)システム開発、ソフトウェア開発、HP作成 等

  3)記帳の方法
  記帳の方法を選ぶ必要があります。
  具体的には、複式簿記と簡易簿記を選びます。
  青色申告の税所得控除55万円を受けたい場合は、複式簿記を選びます。
 (簡易簿記は現金主義の簿記方法で、記帳が簡易に出来る代わりに、
   控除は10万円となります)

●法務局で類似屋号の調査
  地域で活動しようとしているならば一応近所に同じような屋号を
  使用している事業がないか、チェックしておきましょう。
  法務局で屋号を調査したいと申し出れば無料で閲覧させてくれます。

  商号登録(屋号を登録し、同一市町村内では同じ屋号を使えなくする)もできます。
  しかし法務局の人によると商号登録には3万円かかります。
  登録する人はほとんど居ないそうです。

●税務署での手続き
  書類を書き終えたら、税務署での手続きです。
  まず受付で開業する旨を伝えました。
  係の人が、申請書の内容をチェックしてくれます。
  次に総務課に書類を提出し受領印を押してもらって終了となります。

  ちなみに開業届けと青色申告の申請書は開業後2ヶ月以内に提出する必要があります
 (但し3月15日までならば1月1日から開業とできる)ので、注意して下さい。

| 2012年11月12日 | フリーランスの開業方法は? | - | - |
Copyright (C) フリーランスの開業方法は? | 【札幌】フリーランスエンジニア求人-案件情報【SKILL MARK】. All Rights Reserved.