【IoT事例】お留守番ロボットilbo(イルボ)どこからでもペットの様子を観察

>ニュース・トピック

IoTというのは身の回りの様々なものに、インターネットにつなげようというものですがこれを有効活用した商品ilbo(イルボ)になります。

これは一体どのようなものなのかというと、移動式お留守番カメラというものであり家の中を自由に動き回ることができるカメラを遠隔操作して家の様子を確認することができるというものになっています。

ペットなどを飼っている人というのは、日中家にいない間にペットがどのような行動をしているのか気になってしまうものですが、ilbo(イルボ)を使えば簡単にペットの様子を確認することができるので役に立ちます。

カメラを操作して映像を見ることができるだけでなく、音声を双方向で流すことができるので家の中の音を聞くこともできれば、逆にこちらから声を伝えることもできます。


そのため、外にいてもペットと交流をすることができるので一人きりにさせてかわいそうと思う飼い主にとって非常に役立つ道具となっています。

使い方は様々ですから、電気の消し忘れなどがなかったか、エアコンの消し忘れがないか、やかんを火にかけたままにしていなかったかなど家の状態の様々なことを確認することができるので、あらゆる場面で外出中に家の様子が気になった時に役立ちます。

ilbo(イルボ)は充電式で自分で帰ります。

外出先から、部屋の温度なども知ることが出来き、ペットを飼っている方、多頭飼いで日中心配な方には危機管理の面から言ってもうってつけのロボットではないでしょうか。

ilbo 移動式 お留守番 ネットワークカメラ 遠隔操作で場所の移動ができるカメラ(前進・後進・左右旋回) Wi-Fi接続 スマホ・タブレット対応

| 2017年01月29日 | ニュース・トピック | - | - |
Copyright (C) 【IoT事例】お留守番ロボットilbo(イルボ)どこからでもペットの様子を観察 | 【札幌】フリーランスエンジニア求人-案件情報【SKILL MARK】. All Rights Reserved.