【子供のプログラミング学習】LEGO WeDo2.0を教材にしてプログラミングを学ぶ

JUGEMテーマ:子供のプログラミング

 

LEGOというと昔から動物や城、乗り物などいろいろなものを組み立てて作る事ができる玩具として広く知られていますが、
デジタル機器が普及し、あらゆるものがネットワークで繋がる現代ではLEGO WeDo2.0という新たな展開を行っています。

 

 

このLEGO WeDo2.0は子どもたちが科学とプログラミングを学ぶことが出来る教材です。
部品を組み合わせてロボットを造り専用のソフトをインストールしたパソコンでプログラミングをして、そのプログラムを転送すれば、命令どおりに動きます。

 

例えば車型のロボットを組みてて走るように命令したら、そのとおりになりますし、ヘリコプター型のロボットにすればプロペラが回ります。
ただ、空をとぶほどの出力は出せないので、この場合には雰囲気を楽しむということになります。

部品次第でどのような形、機能にも出来ますから、子どもたちはプログラミングを学べると同時に、想像力を鍛えることもできます。
また、大人も昔遊んだLEGOを使って、子供に教える事ができ、親子揃っての楽しみにもなるのです。幼稚園、小学校、中学校などの教育機関でも、
このLEGO WeDo2.0を使った授業が行われているので、この教材を切っ掛けに本格的にプログラミングを学びたいという子供もどんどんと増えていくでしょう。

 

LEGO Education WeDo 2.0 Core Set 45300

| 2017年01月30日 | ニュース・トピック | - | - |
Copyright (C) 【子供のプログラミング学習】LEGO WeDo2.0を教材にしてプログラミングを学ぶ | 【札幌】フリーランスエンジニア求人-案件情報【SKILL MARK】. All Rights Reserved.